唐突ですが、今日から絵と、(ちょっと真面目な)文章を上げて参ります。

 

タイトルどうしようかと悩んだんですけど、自分を奮い立たせる意味でも”エッセイ”と

書いてしまうことにいたします。

 

*****

 

先の連載が終わって、今現在、メインで

描かせていただいているのが、こちらのジャンルになります。

 

『ハーレクイン』

漫画界隈に住まう方なら、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

私も今まで知ってはいたけど、深く触れたことのないジャンルだったんですが

ある日、ふと降りてきたんです。「あ、描いてみたいかもしれない」って。

そこからはすぐに行動。雑誌を買って投稿の要項を確認して申し込んで。。

ご縁あって今、漫画の掲載に向けて、執筆作業をさせていただいております。

 

このようなジャンルを描くのは初めてではありましたし、

練習がてらに、美女の写真を見ながら美女を描く、ということを続けてみたんですが

自分でも驚くほど、描けば描くほど進むのですよ、筆が。

ワクワクが止まらねえ!ってやつを、体感いたしました。

 

そして、何枚か描き溜まったところで、はっきりと確信しました。

ああ、私は美しい女の人が描きたかったんだ!と。

 

女性に限らず、美しいものが好きで。。

(あくまでも私がそう感じるもの、です。世間一般の基準は度外視。)

見るもの、描くもの、そこにあるもの、全て

自分がそう感じるものにしたい。

そう、強く思うようになり。

最近、ようやくここにきて、自分の価値観がガラリと変化、というか、

カチリ、と

あるべき場所だった場所に収まろうとしているのを感じます。

 

*******